logo

黒緑ペローナ

こんにちは、royと申します!

普段はしゃかりきーずというグループでYouTubeに動画投稿をしております。

TCG PORTALさんからお話をいただき、人生初のワンピカードNoteを書かせて頂きました!

今回解説するデッキは、既にYouTube上で対戦動画が公開されているので、記事を読む前でも後でも見ていただけると、より理解が深まるかと思います!

僕がご紹介するのは、最近お気に入りの黒緑ペローナについてです。

このリーダー、一言で言えば『相手に合わせて戦う除去コントロール』といったところでしょうか。

似たコンセプトのデッキには前環境最強と言われた青黒サカズキがありますが、サカズキとの差別化ポイントについても言及していきます。

初めてペローナに触れる方向けに、まずは採用カードをコスト順に見ていきましょう!

ペローナデッキのカードについてはある程度把握しているから大丈夫だぜ!という方は、読み飛ばしてプレイ編までどうぞ。

採用カード

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

いきなりですがこのデッキの核となるカードであり、サカズキやモリアとの最大の差別化ポイントです。

リューマやドレークで除去しきれない高コストキャラには、このカードで対応します。

また、このカードや殴り返しを嫌って相手がキャラをレストにしたくなくても、L効果により4以下はアクティブでターンを跨ぐことは基本的にできません。

除去とブロッカーで耐えつつ、ドフラでターンを稼ぎながらリーサルがこのデッキの基本的な勝ち方です。様々な対面で2枚以上使いたいこともありますので4枚。

ゲッコー・モリア

6弾以降の黒を支える良カード。

黒対面にはモリア本体が高コストなことやボルサやリューマの復活が効きますし、

除去やブロッカーを出さなくてもいい場面では、4クザン+ブランニューやベビー5を蘇らせて手札補充しつつ高ヘイトのキャラを並べるなど出来ることがとっても多いです。

黒系には後半は高コストキャラで戦いたいのでこちらも4枚。

サボ

黒対面や、苦手な黄色相手に活躍します。

雷霆やおナミを踏みたくないタイミングなどで出したり、黒相手には相手のモリアの前のターンに出しておいて、除去を重く受けないように準備するために使います。

また、サカズキと違いリーダーにルーティング能力が無いため、手札にきたカウンターレスのカードを捨てられるのも高評価です。

除去の方を優先したいターンがあることもあり、今回は3枚にしました。

ヴェルゴ (黒)

海軍/ドンキホーテ海賊団の2つのサーチにかかる2000カウンターです。4枚。

場に出すことはほぼありません。僕はまだ1度も出したことがありません。

X・ドレーク (5コスト緑)

L効果と相性抜群!

このカードとリューマで4以下のキャラは下準備不要でいつでも除去可能です。海軍サーチにもかかり、除去の一翼を担うカードです。4枚採用です。

リューマ

サーチにかからないこと以外は殆どドレークと同じです。KO時効果もありますが、対戦相手はしっかりケアしてくるのであまり有効には使えません。

ただし、このカードは4コストのためモリアで蘇生できることや、後手2tにも間に合う点がドレークと全く異なるところで、柔軟性の面ではこちらに軍配が上がります。

カウンターがないため能動的に手札から捨てるには勝者だけが正義だ‼︎や、サボで捨てるしかありません。モリアで蘇生したい場合は少しお膳立てが必要です。

ドレークを減らすことはあってもこちらは基本4投でいいでしょう。

ボルサリーノ(黒)

ミラーや黒対面、ヤマト対面で光ります。

相手の4以下レスト→リーダーでそのキャラに攻撃の後、

倒せる場合→ボルサリーノやクザン

倒せない場合→リューマかドレーク

のようなプレイで出す隙を探します。

早い段階で置いておくと守りにかなり余裕ができます。

4でいいくらい強いですが、全体のブロッカーの枚数を加味し、今回は2枚に。

クザン (4コスト黒)

出し方はボルサと同じ感じで。ただし、このカードは最速置きよりも、相手のモリアやホーディの前に置いておいて、生き残れば大型キャラのコストを下げて着地狩りの準備などで出すのもよいです。

このキャラを放っておけないと相手に思わせて、むしろ攻撃してもらうなどの使い道もあります。

使わない対面もあり、カウンターもないため3枚です。

ブランニュー

サーチに加え、このデッキで貴重なトラッシュ肥やし要員です。今回のリストでは、ブロッカーを拾う期待値が高くなっています。

モリアからブランニュー、効果で2コストブロッカー拾う→余ったドンでそのまま出す、みたいなプレイで耐えることもたまにあります。

デッキを回すカードなので4枚。

ドンキホーテ・ロシナンテ (緑)

ヴェルゴと同じく、2つのサーチにかかるカードで、軽量のブロッカーです。

主にヤマトや黄色対面で大きく活躍するカードです。シーンを選ばず撒いておけるので、リーサル前に出したり、ヤマトには最速で出しして相手のテンポを遅らせます。

レストキャラの身代わり効果は、自身が巻き込まれる複数のKO効果にも使うことができます(ルッチやカイドウ)。あまり使うことはありませんが覚えておいて損はないです。

また、この効果によりモリアからレストでだしてもキャラは守れることがあります。

黒相手には出さないことも多いですが、カウンターもあり、苦手対面に使いたいので4枚。

ドンキホーテ・ロシナンテ (黒)

ブロッカー以外の能力はありませんが、緑のロシナンテと使い方はほぼ同じです。

黄色対面を厚く見たかったので2コスブロッカーの追加の枠として3枚。

つる (1コスト黒)

海軍の2000カウンターで能力も普通に使えます。積極的に使うことはそこまでありませんが、モリアの蘇生先にもなるので4枚。

ベビー5 (サーチ)

このデッキのゴールであるドフラミンゴへ繋がるカードです。

このカードの存在により、先手後手どちらでもある程度柔軟に動くことができます。

ドフラをメインで探しつつ、ブロッカーやカウンター、同名カードも拾えるため、主に守りのカードを集めに行く役割です。

相手のキャラを除去しつつ、ベビー5を起動することで、リーダーが殴ってくるなら相手のテンポロス、生き残るならこちらの継続的なアドバンテージに繋がります。

ヘイト管理やパーツ集めに必須なので4枚。

勝者だけが正義だ‼︎!!

パワーカードをたくさん積んだらカウンターレスが多くなるワンピースカードあるある。

ドンキホーテ特徴を持つのでサーチ可能、モリアで出したいクザンやリューマを能動的に捨てられたりとこのデッキによく噛み合います。

デッキ全体のカウンター値を保つために今回は3枚としました。

今回の採用カードについては以上です。

入れ替え候補や枚数調整についてなどは最後に書きます。

基本プレイ・マリガン基準

次はプレイと各対面の相性についてです。

まず基本プレイとマリガン基準について書いておきます。

基本マリガン基準 :サーチ2種、リューマ(後手)、ドレーク、ボルサリーノ、モリア、の順

次は基本プレイについてです。

先攻の場合です。

1t1ドン:ベビー5設置

2t3ドン:ベビー5起動、2コストブロッカーor追加ベビー5設置&起動、後1で相手にサーチキャラが出ていれば、L効果を使用してそのキャラを攻撃

3t5ドン:後2で出たキャラに対しL効果、攻撃して倒せる→ボルサかクザンかサボ

倒せない→リューマかドレーク

余ったドンはベビー5起動

4t7ドン:5コスト以上のキャラが出ていてクザンがいるなら殴りながら3tとほぼ同じプレイ

いなければ、次ターンに出てくるであろうデカブツに備えるためクザンかサボ

5t9ドン:8モリアからトラッシュの加減と盤面次第で、最適なキャラを復活

クザンorリューマorボルサ+ベビー5orブランニューorロシナンテorつる

択がたくさんあるので難しいですが、余裕あるなら手札を増やせるカード、ないときは除去+ブロッカーですね。

6t10ドン:これ以降はドフラミンゴを出しつつ必要なタイミングで盤面処理を。

出したはいいけどライフが詰まっててこちらが先に死んでしまうなどにならないように。

後手の場合も1ターン目にベビー5かブランニューかブロッカーが択になってしまうことと、偶数キャラが多いことから、ベビー5の起動の隙がやや少ないこと以外はほぼ同じでOKです。

各対面相性

ここからはよく見かけるデッキとの対面についてです。

黒単 モリア 

有利 どちらでもやれますが取れるなら先攻

マリガンでは基本に加えてサボを持てると嬉しいです。

上記基本プレイが1番綺麗にハマる相手だと思っています。

相手がシンドリーちゃんで上手く墓地を肥やさない場合や、落ちが渋い場合には基本的にずっと盤面に付き合っていてもいいくらいです。

ボルサリーノをどこかで出せないと、盤面倒せるけどライフが詰まっているといった状況に陥りがちなので、隙あらば出しておきましょう。

相手のリーダー効果の性質上、基本的に4コストのキャラは毎ターン出てきてしまうので、構い続ける限り相手のライフを攻撃するのはかなり後半になってしまいますが、除去はこちらのほうが質がいい上、ドフラで押さえつけることも可能なので中盤しっかり耐えて、蓋をできる体制を作るのが重要です。

緑黄 ヤマト

有利 先攻

マリガン基準は基本に加えて2コストブロッカーです。

黄色系は苦手ですがヤマトに限っては別です。

リーダーに全ドンパンチなどはブロッカー大量のこのデッキには効きづらいです。

7ドン以降はホーディがあるため、ロシナンテは序盤で切っても構いませんが、おナミのバニッシュ付きの攻撃だけは貰わないように注意してください。

早めに攻撃を受けてしまうと、菊之丞の効果が有効になってしまいますが、最速で倒せるなら倒しましょう。回復されるより生き残らせるターンが長いほど不利になっていきます。

最近はオームホーリーなどで多面展開を狙うヤマトも多いですが、基本プレイを念頭に置いて戦うで問題ありません。

トリガーキャラがいるため、リーダーを攻撃する場合は全行動の前にやると良いです。

青黒サカズキ

微不利 後攻

マリガン基準は基本でokです。

軽量カードがルッチや天叢雲剣でなにかのついでに取られていってしまいますので、ロシナンテはカウンター値として使いましょう。ベビー5は基本使い切りだと思ってください。

ボルサリーノとサボはかなり重いですが、それ以外のキャラは除去しつつ、モリアやドフラをしっかり当てられる展開なら全然やれる相手です。

犬噛紅蓮の存在から、たしぎやブランニューなども倒せるなら積極的に殴って攻撃回数を減らしておくと良いです。

黄単カタクリ 

不利 先攻

マリガン基準は基本に加えてサボと2コストブロッカー、4クザンです。

ベビー5や2コストブロッカーでテンポを崩せるのは良いのですが、問題はこちらのターンにトリガーキャラや雷霆で盤面を有利にされてしまうことです。

7リンリンや10リンリンは出した段階である程度の仕事を終え、こちらがクザンを出せていない場合、着地狩りできないと重たいパンチが飛んでくるなど、向こうのゴールにこちらが対応するのは中々要求値が高いです。

リンリンが出るターンの直前でクザンを出しておき、相手が着地狩りを嫌がって違う行動をしてきたらこちらは8モリアを先に出して上から殴れる体制を作る等、相手に先にマウントを取られないことが大事です。

盤面で勝ってさえいれば、ライフにのみ干渉されてもそのまま殴り勝つことも不可能ではありませんので、絶対に盤面で負けないように立ち回りましょう。

黄単エネル 

不利 先攻

マリガン基準は基本ですが、モリアの優先度高め

カタクリと似ていますが、こちらが勝つには攻撃回数を確保する必要があります。

このリーダーにも盤面で負けてはいけません。こちらのキャラが攻撃によって倒され始めてしまうと、明確に負けのルートに入ってしまいます。

基本的にキャラの処理に回り、モリアで盤面を返して、10ドフラ込みでガンガン殴れるところを目指します。

7エネルが走ってきたら本当にしんどいです。まだ答えが出てないですがモリアなどがいて余裕があるならリーダーより優先して攻撃して構わないと思います。

青紫レイジュ

不利 後攻

マリガン基準は基本で大丈夫ですが、かなり不利な対面に感じています。

7イチジが本当に止まらないので、出てくる前に4クザンを並べたり、ジャッジの返しに倒し切るくらい攻撃寄りの戦法を取る必要があります。

主な対面については以上です。

不採用カード&枚数調整

最後に入れ替え候補や不採用カードに軽く触れておきます。

増やしたいカード

4ボルサリーノ、サボ

黒の隆盛により、もっと枚数も取っても良さそうです。

これらを増やして、2コストロシナンテを減らすとモリアとサカズキに対して耐性が上がります。

不採用カード

8コストキッド

今回不採用にしてはいますが、不利なレイジュに対して耐性を持てるようになります。

ブロッカーとサーチキャラで守るのは1弾の頃の緑キッドを想起させますね。

6ブルック

トラッシュするキャラの位相を問わないので、もう一つのL効果のコスト下げと併用することで、素で5コストまで倒すことができます。

苦手なボルサリーノやサボをそのままトラッシュできるので、テンポは悪くないですが、やや重めでカウンターがないのがかなりネックなので今回は見送りました。環境の黒の支配率によっては採用したいです。

終わりに

長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました!

記事は、スマホからでもTCGポータルのカードリストに入っているカードや登録済みのデッキを呼び出せるので気軽に作成できました!

今後もTCGポータルでの記事投稿や、作ったデッキの投稿もしていくと思いますので、新しいカードが出た時などには見てみてください。

本記事の冒頭でも触れましたが、今回解説したデッキはYouTube上で対戦動画が上がっています。この記事を読んだ後に動画を見てみると、また違った楽しみ方ができるかも...?

しゃかりきーずのroyでした!ありがとうございました!

10

執筆者
roy@しゃかりきーず
@roy_act5
YouTubeチャンネル『しゃかりきーず』に出演しています、royと申します! 対戦メインで動画投稿しております〜 動画で使用したデッキや、思いついたけど動画にはできなかったデッキなどもこちらで投稿していきます!
roy@しゃかりきーずの他の記事
権利表記
©尾田栄一郎/集英社 ©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション